安定的で人気のカナダドル

カナダドルは安定成長の人気通貨

カナダドルは米国経済の影響をもっとも大きく受ける通貨です。また、カナダドルは「キャンドル」のニックネームを持っています。カナダは長期にわたって経常・貿易黒字を維持し、堅調な成長を続けてきました。またウランや金、ニッケルに加えオイルサンドなどの天然資源が多いため、カナダドルは資源国通貨として知られています。

 

カナダドル円のチャートを見てみましょう。カナダドルは商品市況の高騰にも支えられ、04年以降、上昇傾向をたどりました。特に05年から07年にかけての急上昇では、ヘッジファンドなどが投資を行ったことで商品市況が高騰し、07年には一時125円台を記録しています。

 

その後、米国のサブプライムローン問題が引き金となって金融危機に見舞われると、ヘッジファンドが撤退し商品市況が下落したため軟調な展開となっています。

株、為替ともに先週までの上昇によって為替相場でドル円は上昇し、日経平均は震災前の水準に接近したこと、週末の米雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を大きく下回る増加にとどまったことなども加わり、一旦は達成感が意識される。国の方針転換によって停止中の原発の再稼動が難しくなるなか、経済への悪影響が表面化してくる懸念などが上値抑制要因として警戒される。